山形県立 山形職業能力開発専門校 - 山形県山形市、「ものづくり山形」の源泉となる、ホンモノの技と心を持つ人材を育成する。

山形県立山形職業能力開発専門校

今日もぜっこう長!

TOP > 学校ブログ

 平成31年4月9日(火)、午前中時雨れていた天気も午後から陽も差し始め、県立産業技術短期大学校学生会館にて、午後1時30分から平成最後となる県立山形職業能力開発専門校の入学式が挙行されました。

 平成31年度の入学生は、自動車科25名、建設技術科18名の計43名です。そのうち女性は自動車科の1名だけですが、在校生である新2年生には女性が自動車科に3名、建設技術科に1名在学しており、新入生と合わせて女子学生は全体で5名となります。

 最初に校長から新入生に対し、入学許可が伝達され、式辞のあと、知事代理として県雇用対策課の佐藤課長から祝辞をいただきました。また、本校の協力会を代表しまして鈴木吉徳会長(県自動車整備振興会長)からは、主体的に勉学に臨み、指示待ち人間ではなく、自ら率先して行動できる人材になってほしいとの激励を込めたご祝辞をいただきました。

2019.4.9 校長式辞.jpg2019.4.9 知事代理祝辞.jpg

2019.4.9 協力会会長祝辞.jpg

 

 このあと、在校生を代表して自動車科2年、中野裕仁さんから困ったことやわからないことがあったら声がけしてくださいとの歓迎のことばがあり、それを受けて新入生代表として、建設技術科の小屋良颯さんから2年間勉学、技術の習得に励むとの力強い誓いのことばがありました。

2019.4.9 新入生誓いことば.jpg

 

 式の最後に、校長以下教職員の紹介があり、平成最後の入学式が滞りなく終了しました。

2019.4.9 校長・副校長・支援課.jpg2019.4.9 自動車科.jpg

2019.4.9 建設技術科.jpg

 

 なお、この4月から校長となりました熊谷東光と申します。3年前、産業技術短期大学校庄内校に勤務した経験があり、またこのように若者が日々成長していく教育訓練施設に勤務できたことをうれしく思っています。これから本県産業界を担う若い人たちの夢の実現のため、教職員一同精励していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2019/04/22

 3月14日(木)、この日の朝は、今冬には珍しく、しっかりとした雪。式が始まる午後2時にはすっかり溶けたものの、「春の陽気の雪化粧、厳しさの中に心地よさを感じるこのよき日」に、平成30年度山形職業能力開発専門校の卒業式は挙行されました。

 

IMG_2092.jpg

IMG_2093.jpg IMG_2109.jpg

 はじめに修了証書授与。少人数教育であるがゆえ、一人ひとりに手渡しで修了書を授与します。

 

IMG_2132.jpg

 次は、表彰です。はじめに、最高賞の知事賞です。

 

IMG_2144.jpg IMG_2148.jpg 

 続いて、校長賞は2名。成績優秀で模範的な学生に贈られます。

 

IMG_2155.jpg IMG_2159.jpg 

 協力会長賞、保護者会長賞も2名ずつ。協力会長賞は、学業における飛躍的な向上、保護者会長賞は、イベント等におけるリーダー的活躍が選考の要件になっています。

 

IMG_2185.jpg

 表彰のトリは皆出席賞。自動車科5名、建設技術科8名、合計13名の皆出席賞受賞です。

 

IMG_2189.jpg 

 

IMG_2198.jpg IMG_2200.jpg 

 このあと、校長式辞、知事祝辞(雇用対策課長代読)、協力会長祝辞と続き、協力会長からは、実社会へ出てからの心得と活躍への期待をしっかりと伝えていただきました。

 

IMG_2220.jpg

 最後に、在校生代表の送辞と卒業生代表の答辞です。卒業生である2年生の奮闘努力する姿を自分たちの将来の姿として正面から受け止めた素晴らしい送辞でした。

 

IMG_2231.jpg

 答辞も、自分たちの現在の姿を客観視しながら、鍛錬に裏付けられた確かな自身のこもった見事な答辞でした。何よりも笑いを一つとったところがすばらしい。

 

IMG_2237.jpg  IMG_2238.jpg

 卒業式を終えて、学生会館から学舎にもどる本校生たちです。

 このあと、市内ホテルで卒業祝賀会があり、名物となっている卒業生全員の1分スピーチ(実際は5分程度)を堪能しました。卒業生からは、2年間の思いがあふれ出し、今ここに私が立っているのは先生(担任)のおかげ、保護者の苦労への涙ながらの感謝など、終了時間は大幅に超過。終了後、ホテルの担当の方にお詫びをすると、優しく微笑んでくださいました。

 日本の将来は、人口構造のゆがみにより、若者に大きな負担をかけてしまいかねない状況になっています。少しでも彼らがのびのびと活躍できる条件を整えられるよう努めていきたいです。ね!

2019/03/19

 3月7日(木)、8日(金)の2日間、自動車科の企業説明会を開催しました。参加くださったのは、本校協力会の28社。中には4人体制で来られる会社さんも。

 

20190308_100551.jpg 20190307_102158.jpg 20190307_152606.jpg 20190307_102213.jpg

 今年の1年生は19名。そのうち3名が女性で、それぞれ個性豊かです。

 卒業生を同行している会社さんもあり、学生はいい緊張感で臨めたようです。

 

20190308_113923.jpg 20190307_152643.jpg 

 28社を3グループに分けさせていただいて、学生は1グループ当り、3社と面談をします。1日半かけて、全部で9社と面談することになるわけで、体力気力が大丈夫か若干心配しましたが、概ね大丈夫だったようです。

 

20190307_103258.jpg 20190307_121229.jpg 

 本校にとっては、日頃からお世話になっている協力会の皆様に提供できる大切な機会であり、各企業の皆様からは、パワポやパンフレット、先輩の体験談など、学生に豊富な情報の提供をいただきました。誠に、ありがとうございました。学生の皆さんもお疲れ様でした。就職活動に生かしてもらえたら、しっかりしたお返しになると思います。

2019/03/12

 平成31年2月8日(金)、平成最後のリクリエーション大会が開催されました。

 実行委員は、委員長の高谷さんはじめ、全員が一年生。8時50分体育館に集合し、9時から実行委員長挨拶の後、バブルボール相撲が始まりました。

 

IMG_1432.jpg  IMG_1451.jpg

IMG_1478.jpg  IMG_6.jpg 

 バブルボール相撲は、激しいぶつかり合いと、相手への気づかいと、大笑いが交錯する楽しくにぎやかなゲームでした。

 

 IMG_3960.jpg IMG_3971.jpg

 百足競争は、息のあったところが見せ所ですが、一旦乱れると再び合わせるのが案外難しく、現実のチーム作業の縮図のよう。

 

 IMG_1602.jpg IMG_1680.jpg 

 11時からは、バレーボール。みんながボールに集中しています。中には、バックアタックをきめる学生も。

 

IMG_1695.jpg IMG_4058.jpg 

 午後からは、バレーボールの決勝の後、バスケットボール。ゼッケンをしていない学生が経験者ですが、一人につき相手に4点が与えられるルール。経験者はさすがに、的確な指示を出したり、ミラクルショットを決めたりと大活躍。

 

IMG_4110.jpg

 4種目とも、2年生が優勝という結果で、1位から3位まで、賞品(おかし)つきの表彰式がありました。大会運営は、みんなの協力もあり、臨機応変、時間どおり、スムーズで、実行委員をはじめ、1年生の成長ぶりが頼もしく感じられたイベントとなりました。

2019/03/06

 平成31年3月1日(金)開催されるレクリエーション大会の実行委員長、自動車科1年の高谷将汰さんと副実行委員長の建設技術科1年の舟山拳人さんが2月25日(月)12時30分に校長室を訪問。

 写真の大会プログラムを持参し、大会の概要と校長の役割について説明をしてくれました。

 

IMG_1630.jpg  IMG_1424.jpg

 競技種目は4つ。バブルボール相撲と百足競争、それに、バレーボール、バスケットボールです。バレーボールには職員チームも参加します。

 高谷委員長は、怪我の無い楽しい大会に、舟山副委員長はスムーズな大会運営に努めたいと抱負を話してくれました。

 3月14日(木)の卒業式がに迫るこの時期に、1年生が主体となって行うレクリエーション大会は、卒業する2年生へ感謝の思いを伝えたり、絆を深めるといった狙いがあるのだろうと二人と話しながら思った次第です。

 卒業式に松葉杖で参加といったことにならないよう注意しながらではありますが、思いっきり楽しい大会になりそうです。

2019/02/26

 平成31年1月31日(木)、11時15分頃、寒河江工業高校の機械科2年生36名と2名の引率の先生が、本校を訪問くださいました。産業技術短期大学校では、全学科を見てこられたそうで、見学が長引き、15分程度、予定時間を過ぎての到着でした。

IMG_1215.jpg IMG_1254.jpg

IMG_1267.jpg IMG_1269.jpg DSC02872.jpg IMG_1277.jpg

 はじめに、専門校の概要を聞いていただいた後、A、B二班に別れ、建設技術科と自動車科の実習の様子を見学です。建設技術科では、2年生が建築した本格二階建住宅を見学、ボルダリングの壁を登ったり、テラスでハンモックに揺られたり。1年生の実習場では、切妻小住宅の居心地も体験。

 

DSC02875.jpg DSC02880.jpg IMG_1248.jpg DSC02878.jpg

 自動車科1年生は、午前中、教室で授業中なので、2年生が4チームに別れ、それぞれ車の不具合箇所を見つけ出し、修理する実習を見学。寒河江工業高校出身の優秀な先輩から説明を受ける様子も見られました。

2019/02/04

 平成31年1月16日(水)、山形日産自動車株式会社から電気自動車日産リーフを本校教材として贈呈いただきました。日本自動車販売協会連合会の会長でもいらっしゃる社長の小関様が、時間のない中、本校を訪問、贈呈くださいました。感謝です。

 

IMG_1110.jpg

IMG_1086.jpg IMG_1108.jpg

IMG_1115.jpg IMG_1122.jpgIMG_1128.jpg IMG_1139.jpg

 校長あいさつの後、小関様からは、日産リーフの発売から今日に至るまでの経緯や、今後の電気自動車開発の方向性、社会インフラとしての活用等についてお話をいただき、ぜひ教材として活用してこれからの明るい社会づくりをリードしていくよう励ましをいただきました。

 本校からは、感謝状を差し上げたあと、自動車科1年中野裕仁さんから貴重な教材を最大限活かし、社会に貢献できる自動車整備士を目指していく旨の誓いとお礼を述べさせていただきました。

 データ経済の波が、AI等によりその力を大きく増幅しており、自動車を取り巻く環境も多方面から変更を迫られています。本校の教育訓練内容についても基本を大切にしながら、必要な改善に継続して取り組んでいくこととしており、そのための教材として、十分活用させていただきます。

2019/01/18

 今日、平成31年1月8日(火)は、本校第3学期の始業式。恒例となっている年頭の校長講話がありました。10分程度とのオファーにもかかわらず、30分余り話してしまいました。

 内容は、世界のあり様と先行きについて、AI等の浸透によって、結局は今以上に参画することになるので、少しだけ意識して世界とコンタクトをとりながら生きていきませんかという呼びかけをしました。

 どれだけ学生の心に届いたか、今は判りませんが、世界の現状とその見通しについて、関心を持つきっかけとなれば、そして、AI浸透後の世界をつくっていくのは私たち自身であると少しでも思ってくれたら、うれしいなと思います。

 今、2年生は、自動車科も建設技術科も資格取得のための試験が近づいており、実習場は、心地よい緊張感が隅々までいきわたっています。1年生もその影響を受けてかは良くわかりませんが、大人びた落ちつた様子で実習に取り組んでおり、もう直ぐ2年生になるんだなあと実感させられます。

20181212_093110.jpg 20181212_093149.jpg

20181212_093434.jpg 20181212_094225.jpg 20181212_103008.jpg

  年末の写真ですが、自動車科2年の実習の様子です。笑顔もありますが真剣です。

2019/01/08

 本セミナーは、不足する県内大工さんの育成を目的に12月13日(木)、本校で開催されたもので、主催は山形の家づくり「未来の匠」育成協議会(事務局:県庁建築住宅課)、この度の参加者は、創学館高校2年環境デザインコースの34名、引率教員4名の方々です。

 

IMG_0911.jpg

 はじめに、日程や本校建設技術科指導員の紹介のあと、早速3班に分かれて実習場へ。

 

IMG_0933.jpg IMG_0928.jpg

 第1班は、今年度2年生の渾身の傑作二階建住宅の見学です。本校の先生、学生の解説も聞きながら、ゆったりと見学です。

 

IMG_0923.jpg IMG_0935.jpg

 第2班は、建築大工2級技能士資格取得に向けた技能五輪の課題実演の見学です。

 始めた頃は、10時間以上かかる学生もいましたが、現寸図作図、部材の木削り、墨付け、加工仕上げ、組立てまでを2、3回繰り返しただけで、あと一息の領域まで達成している学生も。これから10回以上繰り返し、技がその度ごとに磨かれていきます。

 

IMG_0922.jpg IMG_0917.jpg

 第3班は、学生からアドバイスを受けながら角材をのこぎりで切る実習です。墨付けどおりに切るのは、なかなか難しい?、テレビ取材もあって少々緊張気味?、それでも笑顔が一番こぼれていました。

 その後、順番にずれながら1~3班まで一通り体験していただきました。

 

 IMG_0940.jpg IMG_0944.jpg

 最後に、建築住宅課井沢主幹から講評があり、創学館生徒代表の方からお礼のことばがありました。本校にとっては、生徒さんとはもちろんのこと、先生方との交流の場ともなり、大変有難い企画となりました。ありがとうございました。

2018/12/17

 12月7日(金)、自動車科の社会学の講師を長年務めていただいた三條義信先生が、本年をもって退任され、校長室に御挨拶に見えられました。講師をしていただいたのは、山形トヨタ株式会社の専務を退職後の平成15年からで、今年まで何と16年の長きにわたりご指導をいただきました。

 

IMG_0887.jpg IMG_0890.jpg

 三條先生からは、自動車の発展と社会との関わりについて、自動車の黎明期から中国での販売台数がアメリカを凌駕してダントツの世界1位である現在まで、教えていただいたとのことであります。自動運転からカーシェアリングまで、めまぐるしく変化する現代社会の中で、ご苦労いただいたことに深く感謝申し上げます。

 先生からは、日々勉強の毎日でしたとのことばをいただきました。お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 来年からは、山形三菱自動車販売株式会社を退職後、ソニー生命保険株式会社でフィナンシャルプランナーを勤めておられる沼澤秀樹先生に講師を務めていただくことになっております。よろしくお願いします

2018/12/14

山形県立山形職業能力開発専門校

〒990-2473 山形県山形市松栄二丁目2番1号 TEL 023-644-9227 FAX 023-644-6850
COPYRIGHT(C)2011 山形県立山形職業能力開発専門校 ALL RIGHTS RESERVED.