山形県立 山形職業能力開発専門校 - 山形県山形市、「ものづくり山形」の源泉となる、ホンモノの技と心を持つ人材を育成する。

山形県立山形職業能力開発専門校

今日もぜっこう長!

TOP > 学校ブログ

 令和元年10月20日(日)、昨日とは打って変ってほぼ快晴に恵まれました。午前10時前から正面玄関には来場者が待ち並び、10時の開場と同時にお目当てのレストア車や実寸大の二階建て住宅のある実習場へ足を運んでいました。

 午前と午後に開かれたレストア車(老朽化した車を整備回復)や海底生物ダイオウグソクムシを模した創作車の構内走行では大勢の来場者の注目を集めていました。ちなみに、今回のレストア車は、今「86」として人気のあるトヨタのカローラレビン、もう一台が昭和の時代、軽自動車として人気を博したホンダのN360、それぞれボロボロの状態であったボディを板金塗装し直し、当時の姿にほぼ再現することができました。また、教材用の手作りのベンチエンジンの展示やリサイクルセンターの展示もありました。

20191020_110707.jpg

20191020_110625.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191020_110515.jpg20191020_114844.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191020_121657.jpg

 建設技術科の一年生、二年生の各住宅にも地元町内会の方や保護者、そして卒業生らが訪れ、学生の技術の高さに見入っていました。今回は、学年毎に製作途中の作業の写真や学生一人ひとりの感想なども載せたカラー刷りのチラシを作り、配布していました。

 また、恒例の模擬店では、やきそば、焼き鳥、豚汁、おにぎりなどが販売され、大勢の来場者が利用されていました。

20191020_111333.jpg

20191020_111640.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191020_115416.jpg20191020_115444.jpg20191020_114515.jpg

 今回も恒例のワンコイン洗車を実施しましたが、お陰様でカローラ山形さんから今年もご協力いただき、申し込まれた車を室内も含めてピカピカに仕上げていただきました。ありがとうございました。

20191020_121733.jpg

20191020_122436.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 二日間の令和最初の専門校祭も無事終了し、15時半に閉祭式を行いました。この専門校祭を通じて、目標に向けて仲間と協力し合いながら一つの物を作り上げるという達成感は他の学校では経験できないことだとつくづく感じたところです。高谷委員長以下実行委員会の皆さんたいへんご苦労様でした。これを糧にさらにスキルを磨いてください。期待しています。

20191020_153338.jpg20191020_153448.jpg

2019/11/12

 令和元年10月20日(日)10時から本年度最後の進路説明会が開催されました。高校生は三年生だけでなく、二年生や保護者も含めて約20名が参加してくれました。

 まず、最初に私から学校の特徴のほか、AIやロボットがこれから進化し、様々な仕事がそれらに置き換わる可能性が高まるといわれていますが、自動車整備も建築大工もこれから技術革新があってもそれらにとって代わることは困難な職種であることを説明しました。

 説明会終了後、各学科の実習場や創作車等のデモ走行を見学し、専門校祭も体験していただきました。

IMG_6132.jpgIMG_6134.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6143.jpgIMG_6150.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6162.jpgIMG_6167.jpg

2019/11/12

 令和元年10月19日(土)、生憎朝からどんよりとした雲に覆われ、小雨の降る天候になりましたが、午前9時から開祭式が開かれ、私から本日開かれるクラス対抗競技の奮闘と、明日の一般公開に本校の技術力の高さを県民にPRしてほしい旨お願いしました。

20191019_090618.jpg20191019_090036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早速、各競技が開始され、県内の町おこしでもこのようなレースがありましたが、事務用椅子を使い、リレー方式でカラーコーンを潜り抜けるゲームがスタート、その後、水鉄砲合戦がはじまり、肌寒い天気の中、接近戦ではびしょ濡れになりながらの戦いとなりました。次は白い粉の中からアンパンを探したり、運動会でいえば障害物レースに似た競技では顔を真っ白にしてお茶を一気飲みしていました。

20191019_091526.jpg

 

20191019_091536.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20191019_094134.jpg

20191019_095357.jpg

 20191019_095758.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は、会場を校舎に移し、長さ70~80mの廊下を駆ける雑巾がけレースが行われました。昭和の木造校舎の時代、雑巾がけ掃除は普通に行われていましたが、最近は全く見られなくなりました。学生らは慣れない態勢に足がつったり、90度のカーブで転倒するなど悪戦苦闘のレースとなりました。

20191019_101722.jpg20191019_101944.jpg20191019_102058.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、恒例の職業訓練レースとして、それぞれの学科の得意とする道具を使い、リレー方式で競技が行われました。

20191019_111405.jpg20191019_111448.jpg

20191019_111649.jpg20191019_111737.jpg

2019/11/12

 令和元年10月19日(土)、20日(日)に開催される専門校祭を直前に控え、今回の実行委員長である自動車科2年高谷君が両日のイベントの概要の説明のため、10月10日、校長室を訪ねてくれました。一般公開の前日は内部祭が開かれ、恒例のクラス対抗の種目で競い合うことや、模擬店での販売、そして10月第2週と3週に地元テレビ局のPRコーナーでの専門校祭の告知を行うことなど報告がありました。

IMG_5727.jpgIMG_5730.jpg

2019/11/12

 先月来校した飯豊中学校と同様に、令和元年10月4日(金)、上級学校訪問の一環として山形市立第八中学校の二年生16名が引率の先生と一緒に本校を訪問してくれました。第八中は市内西部にあり、本校の学区の隣に位置していることから、生徒は全員自転車利用での来校でした。

 まず初めに、本校の概要を説明した後、早速、各学科の実習場に移動し、自動車科では車の整備状況を見るのは初めてらしく、また、建設技術科においても、パネルや住宅を目の前に興味深く指導員の説明に聞き入っていました。この後、中学生から質問などがありましたが、中には将来大工になりたいのでどのような準備をすればいいのかなど将来の進路を真剣に考えている生徒もおりました。高校進学して、多くの生徒さんに本校を思い出していただければと思います。一人でも多くの入校をお待ちしています。

 第八中学校の皆さん、ご来校ありがとうございました。

IMG_5578.jpg

IMG_5585.jpgIMG_5601.jpg

IMG_4925.jpgIMG_4933.jpg

2019/11/12

 令和元年9月28日(土)、今年度最後の授業公開が開催されました。この日は、来年度本校を志望している高校三年生のほか、在校生の保護者が多く参加していただきました。来月20日の専門校祭を控え、特に建設技術科の保護者が多く来られ、平屋住宅や二階建て住宅の建て方の進み具合を丹念に見学していました。来月の「秋栄祭」が楽しみです。

IMG_4852.jpgIMG_4879.jpg

2019/11/12

 令和元年9月11日(水)、上級学校訪問の一環として飯豊町立飯豊中学校の三年生31名が引率の先生と一緒に本校を訪問してくれました。まず初めに、本校の概要を説明した後、いずれの学科も地域にとっては欠かせない職種であり、車でいえば社会人になれば毎年お世話になる身近なことであり、建築にしても一生の間に新築、あるいは増築、リフォームなど数回はお世話になる職種であることを説明しました。

 この後、生徒の皆さんは各科の実習場を見学し、各指導員から丁寧な説明を熱心に聞いていました。最後に、中学生の皆さんには対し、これから高校入試があり、高校生活3年間の中で進路先の中にこういう学校もあったなと思い出してほしいことを付け加えました。飯豊中学校の皆さん、ご来校ありがとうございました。

IMG_5999.jpg

IMG_5110.jpgIMG_5113.jpgIMG_5103.jpg

IMG_5108.jpg

2019/11/12

 令和元年9月5日(木)午後、恒例のマイカー点検教室が開催されました。この日は山形県自動車整備振興会会員企業数社から整備担当者が来校いただき、常日頃使用している実習車ではなく、実際ナンバーのついている車を使用し、日常的に気を付けて点検するエンジンオイルやタイヤの摩耗状況など丁寧に説明を受けていました。この日は、自動車科の学生だけでなく、建設技術科の学生も一緒にマイカー点検教室に参加していました。

IMG_4889.jpgIMG_4920.jpg

IMG_4912.jpg

2019/11/11

 令和元年11月15日から愛知県で開催される第57回技能五輪全国大会の建築大工職種で県代表として出場する選手6名が令和元年9月2日(月)、校長室を訪れ、大会に臨む意気込みを語ってくれました。この大会は青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会として23歳以下を対象とし、各都道府県から選抜された技能者が参加する大会です。

 2年連続の出場で前回大会において敢闘賞を受賞した神保選手は、今年はさらに上位を目指したいと力強く語ってくれました。6名はそれぞれの職場に所属しながら、主に本校を中心に大会直前まで強化訓練を続ける予定です。建築大工の選手は本校出身者が多いことから、上位入賞を心から期待しています。

IMG_4690.jpgIMG_4689.jpg

2019/11/11

 令和元年8月1日、9日の両日、正面玄関ポーチの階段タイルの補修を行いました。数年前から経年劣化により正面玄関ポーチの階段部分のタイルが剥離しており、学生の夏期休業に合わせて、剥がれたタイルを付け直すのではなく、タイル部分とその下地まで一旦取り除いて、そこにモルタルで仕上げることになりました。

 両日とも真夏日の予報の下、簡易の型枠を作り、事前にホームセンターから購入したモルタルを水で練り合わせ、そこにシャベルで枠の中にモルタルを投入し、補修工事を行いました。私は専ら左官用コテで何回も平らに仕上げる作業を行いました。

 建設から25年以上も経過し、曲線系階段に敷かれたタイルは冬季間の凍結と解凍を繰り返し、どうしても隙間が生じやすく、今回は劣化がひどい箇所のみ学生や来客者の安全を配慮してこの補修を行いました。ただし、どの程度耐久性があるかは不明であり、あくまでも暫定的な対応です。

 補修後の状態も気になるかと思いますが、是非、実際足を運んで見に来てください。

IMG_4448.jpg

IMG_4451.jpg

IMG_4455.jpg

IMG_4472.jpg

2019/11/11

山形県立山形職業能力開発専門校

〒990-2473 山形県山形市松栄二丁目2番1号 TEL 023-644-9227 FAX 023-644-6850
COPYRIGHT(C)2011 山形県立山形職業能力開発専門校 ALL RIGHTS RESERVED.