山形県立 山形職業能力開発専門校 - 山形県山形市、「ものづくり山形」の源泉となる、ホンモノの技と心を持つ人材を育成する。

山形県立山形職業能力開発専門校

今日もぜっこう長!

TOP > 学校ブログ

 平成31年1月16日(水)、山形日産自動車株式会社から電気自動車日産リーフを本校教材として贈呈いただきました。日本自動車販売協会連合会の会長でもいらっしゃる社長の小関様が、時間のない中、本校を訪問、贈呈くださいました。感謝です。

 

IMG_1110.jpg

IMG_1086.jpg IMG_1108.jpg

IMG_1115.jpg IMG_1122.jpgIMG_1128.jpg IMG_1139.jpg

 校長あいさつの後、小関様からは、日産リーフの発売から今日に至るまでの経緯や、今後の電気自動車開発の方向性、社会インフラとしての活用等についてお話をいただき、ぜひ教材として活用してこれからの明るい社会づくりをリードしていくよう励ましをいただきました。

 本校からは、感謝状を差し上げたあと、自動車科1年中野裕仁さんから貴重な教材を最大限活かし、社会に貢献できる自動車整備士を目指していく旨の誓いとお礼を述べさせていただきました。

 データ経済の波が、AI等によりその力を大きく増幅しており、自動車を取り巻く環境も多方面から変更を迫られています。本校の教育訓練内容についても基本を大切にしながら、必要な改善に継続して取り組んでいくこととしており、そのための教材として、十分活用させていただきます。

2019/01/18

 今日、平成31年1月8日(火)は、本校第3学期の始業式。恒例となっている年頭の校長講話がありました。10分程度とのオファーにもかかわらず、30分余り話してしまいました。

 内容は、世界のあり様と先行きについて、AI等の浸透によって、結局は今以上に参画することになるので、少しだけ意識して世界とコンタクトをとりながら生きていきませんかという呼びかけをしました。

 どれだけ学生の心に届いたか、今は判りませんが、世界の現状とその見通しについて、関心を持つきっかけとなれば、そして、AI浸透後の世界をつくっていくのは私たち自身であると少しでも思ってくれたら、うれしいなと思います。

 今、2年生は、自動車科も建設技術科も資格取得のための試験が近づいており、実習場は、心地よい緊張感が隅々までいきわたっています。1年生もその影響を受けてかは良くわかりませんが、大人びた落ちつた様子で実習に取り組んでおり、もう直ぐ2年生になるんだなあと実感させられます。

20181212_093110.jpg 20181212_093149.jpg

20181212_093434.jpg 20181212_094225.jpg 20181212_103008.jpg

  年末の写真ですが、自動車科2年の実習の様子です。笑顔もありますが真剣です。

2019/01/08

 本セミナーは、不足する県内大工さんの育成を目的に12月13日(木)、本校で開催されたもので、主催は山形の家づくり「未来の匠」育成協議会(事務局:県庁建築住宅課)、この度の参加者は、創学館高校2年環境デザインコースの34名、引率教員4名の方々です。

 

IMG_0911.jpg

 はじめに、日程や本校建設技術科指導員の紹介のあと、早速3班に分かれて実習場へ。

 

IMG_0933.jpg IMG_0928.jpg

 第1班は、今年度2年生の渾身の傑作二階建住宅の見学です。本校の先生、学生の解説も聞きながら、ゆったりと見学です。

 

IMG_0923.jpg IMG_0935.jpg

 第2班は、建築大工2級技能士資格取得に向けた技能五輪の課題実演の見学です。

 始めた頃は、10時間以上かかる学生もいましたが、現寸図作図、部材の木削り、墨付け、加工仕上げ、組立てまでを2、3回繰り返しただけで、あと一息の領域まで達成している学生も。これから10回以上繰り返し、技がその度ごとに磨かれていきます。

 

IMG_0922.jpg IMG_0917.jpg

 第3班は、学生からアドバイスを受けながら角材をのこぎりで切る実習です。墨付けどおりに切るのは、なかなか難しい?、テレビ取材もあって少々緊張気味?、それでも笑顔が一番こぼれていました。

 その後、順番にずれながら1~3班まで一通り体験していただきました。

 

 IMG_0940.jpg IMG_0944.jpg

 最後に、建築住宅課井沢主幹から講評があり、創学館生徒代表の方からお礼のことばがありました。本校にとっては、生徒さんとはもちろんのこと、先生方との交流の場ともなり、大変有難い企画となりました。ありがとうございました。

2018/12/17

 12月7日(金)、自動車科の社会学の講師を長年務めていただいた三條義信先生が、本年をもって退任され、校長室に御挨拶に見えられました。講師をしていただいたのは、山形トヨタ株式会社の専務を退職後の平成15年からで、今年まで何と16年の長きにわたりご指導をいただきました。

 

IMG_0887.jpg IMG_0890.jpg

 三條先生からは、自動車の発展と社会との関わりについて、自動車の黎明期から中国での販売台数がアメリカを凌駕してダントツの世界1位である現在まで、教えていただいたとのことであります。自動運転からカーシェアリングまで、めまぐるしく変化する現代社会の中で、ご苦労いただいたことに深く感謝申し上げます。

 先生からは、日々勉強の毎日でしたとのことばをいただきました。お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 来年からは、山形三菱自動車販売株式会社を退職後、ソニー生命保険株式会社でフィナンシャルプランナーを勤めておられる沼澤秀樹先生に講師を務めていただくことになっております。よろしくお願いします

2018/12/14

 平成30年11月29日(金)13時から、自動車科2年生23名の工場実習の報告会が開催されました。前列を陣取るのは、真剣な面持ちの1年生。3ヵ月後には、企業説明会が開催され、具体的に就職先を選ぶ立場になります。

 

IMG_0796.jpg

 食い入るように資料を見る1年生の姿は、達観した様子の2年生とは対照的。2年生の工場実習は、そのほとんどが内定先での実習であり、いわば就職の予行演習のようなもの。

 1年生からの質問は、個々の企業の雰囲気や先輩・上司の方々の言動、休暇や残業、作業環境まで多岐に渡り、2年生からも自分の就職先との違いなどについて意見交換があり、真剣でフランクな雰囲気での報告会となりました。

 

IMG_0812.jpg IMG_0855.jpg

 パワポなども使いながら全員の発表が終わった後、自動車訓練課長の伊藤先生から丁寧な講評がなされました。校長の私は所用があり、誠に残念ながら後半からしか聞けませんでしたが、2年生には、就職に向けて資格取得などしっかりと準備を進めるよう、そして、1年生には、聞いた情報をもとに、自分の目でしっかり確かめて、就職先を考えて欲しい旨お願いをしました。

 2年生には今年も昨年を上回る6倍超とたくさんの求人があり、自動車科、建設技術科ともに100%内定の状況です。来年4月から、就職先でしっかり活躍できるよう、残された期間を大切に準備してまいりますので、関係者の皆様には、ぜひ温かい目で育んでくださいますようよろしくお願いします。

2018/12/05

 11月26日(月)、お届けしたのは、建設技術科2年生が製作した木製ベンチ。実習で建設した二階建住宅を解体し、役割を終えた建築用材を活用したものです。

 主役は建設技術科2年21名の代表者4名。真島直裕さん、後藤美佳さん、原嶋優作さん、柏倉勇太さんです。校長と安部副校長、大泉建設技術訓練課長が同行しました。

 

1126001.JPG 1126028.jpg

 一ヶ所目のみゆきの丘通所リハビリテーション事業所では、大勢の利用者の方の前で、仙道施設長さん自らがお出ましになり、丁寧なお礼のおことばをいただきました。報道向けに座っていただいたお二人のウィットの利いた会話に、学生たちもご覧の笑顔です。

 

1126031.jpg 1126039.jpg

 二ケ所目のグループホーム笑顔では、関在宅サービスセンターケアサービス部長さんと利用者の方々等から対応いただきました。学生からそれぞれ、製作者としての思いや工夫した点などを伝えさせていただきました。

 

1126059.jpg 1126064.jpg

 三ヶ所目のサービス付高齢者向け住宅つつじの家では、大沼施設長さんと利用者の方々等から歓迎いただきました。少し早く到着してしまいましたが、迅速に対応いただきありがとうございました。

 9月20日(木)、抽選会の折に報告したとおり、最終的には32施設でしたが、たくさんのご応募をいただきました。ありがとうございました。その中から厳正な抽選の結果選ばれた3施設には、木製ベンチとともに、建設技術科のエクセレントに頑張る姿と熱い思いをいっしょに届けさせていただきました。どうか末永くご利用ください。

2018/11/28

 金沢といえば兼六園。建築大工さんの目は、やはり違います。

 

IMG_6536.jpg

 

P1010925.jpg 6C03DD19-D29D-456D-88E3-1A654D412DB6.jpg

 この美しさを支えている人に視線が注がれているところは、さすがです。

 

FDEC0C23-B12B-46B7-9E28-BB7BC1D37B5A 2.jpg 48429719-1534-4E62-91A2-6A0C5491D159.jpg

0FA0863D-540F-4434-B0C5-D5A9A2DAC903.jpg 1DB07315-8F3A-4A4B-AE2E-FBD3DE21A6B2 2.jpg

D9889B10-3881-4946-B31A-D548857E83C5.jpg 6E6F2D0A-3803-4BB7-9D55-52D44B451C91.jpg

P1020014.jpg IMG_0010.jpg

 ひがし茶屋街は、卓越した建築技術のテーマパークのよう。正座をして茶屋街建築文化や作法等を拝聴。身にも足にも沁みる思いがしたことと思います。

 

P1020036.jpg         EA1820AE-9546-4E2B-8D19-D615F2158017.jpg

 夕食は、金沢市内ホテルでのバイキング。いつにも増して真剣です。

 

P1020048.jpg  P1020044.jpg

DAE2ED76-749D-4BC4-8885-54A31E07E448.jpg P1020054.jpg

 翌日は、長町武家屋敷等を散策。建物から町並み、庭園まで本物を見た経験はきっと将来の糧となることと思います。

 

金沢駅前集合.jpg D84B4E27-E1BD-4C35-BAEC-09459A417F93.jpg

 クラスの仲間の絆がより強まるいい研修旅行でしたとのこと。

 写真の出来栄えが極めて素晴らしいわけですが、雑誌から抜き出したような写真は、建設技術科2年、真島直裕さんの作品です。

2018/11/22

 11月16日(金)、建設技術科1年の研修旅行は、秋晴れの中の実施となりました。最終目的地は、銀山温泉の歴史的建造群ですが、まずは、木材のショップで材料選びの研修です。

 

P1010130.jpg P1010143.jpg P1010137.jpg

 一丁228万円の欅から、一枚210円の杉板まで多種多様な木材が処せましと並んでいます。好きな人には、一日いても飽き足らないでしょうね。

 

P1010148.jpg P1010147.jpg

 大石田の千本だんごで一息ついたあとは、いよいよ銀山温泉です。

 

P1010164.jpg P1010159.jpg

P1010178.jpg P1010190.jpg P1010183.jpg

 揚げ茄子そばでおなかを満たしたあと、ガイドさんの解説を聞きながら散策です。建物の材質や丁寧な細工、建物の裏側まで見て廻ったついでに、上流の滝も観賞しました。

 一年生の研修旅行は県内日帰りですが、十分楽しめたのではないでしょうか。

2018/11/20

 本日11月15日(木)、(株)モトーレンヤマガタ代表取締役専務の鹿間慶彦さんと総務の元木さんが来校し、ミニクーパSを贈呈くださいました。

 

1115-007.jpg 1115-006.jpg

 

 現代芸術の洗礼を受けたような外装になっているのは、嶋地区の子供たちの手によるもので、9月24日(日)に開催された「嶋まつり」での落書きアートの作品ということです。

 もともと、MINIはイギリスの自動車会社で、今はドイツのBMWの傘下にあり、独特のフォルムや塗装、力強く小回りの利く走りに定評がある車ですが、一段とユニークさを増したものになっています。

 

1115-012.jpg 1115-014.jpg

 校長室で、目録を頂戴し、感謝状を差し上げました。

 鹿間専務さんからは、本校卒業生が、モトーレンヤマガタさんにおいて、大変大事な仕事を担当させていただいていて、活躍してくれている話をいただきました。

 しっかり育てていただいたこと、活躍の場を提供いただいていることに、この度の寄贈と合わせて感謝申し上げます。

2018/11/19

 平成30年11月8日(木)、11時10分、ブレザーながら落ち着いた制服を身にまとった県立荒砥高校1年生の男子22名とお二人の先生が本校を訪問してくださいました。

 

IMG_3627.jpg

 最初は概要説明で、予定を超過した長話をしっかりと聞いてくれました。

 

IMG_3635.jpg IMG_3636.jpg

IMG_3648.jpg

 続いて、建設技術科。秋栄祭で披露した2年生特別実習の本格二階建住宅については、本当にすごいんだと感心しきり。1年生の切妻小住宅と合わせて、段階を追ってスキルアップしていく様を実感してもらえたのではないでしょうか。

 

pIMG_3656.jpg IMG_3661.jpg

IMG_3666.jpg

 最後に、自動車科では、秋栄祭で披露した昭和49年式セリカリフトバック1600GTのレストア車を見学。ここに来たときは、錆付いてボロボロだったものを2年がかりで板金塗装をし直し、エンジン・足回りも修理して秋栄祭でデモ走行できるまでした苦労話。ほんと大変だったわけですが、実感としてわかってもらうには、写真や実体験等の補足が必要な気がしました。それでも、エンジンの検査機器やハイブリッド車等も真剣な面持ちで見学してくれました。

 まだ1年生なので具体的な進路を検討するにはまだ早いのかもしれませんが、まずは、本校を知ってもらい、秋栄祭やオープンキャンパスの際、もう一度本校を見て、進路の一つとして検討してくだされば、ありがたいと思います。

2018/11/08

山形県立山形職業能力開発専門校

〒990-2473 山形県山形市松栄二丁目2番1号 TEL 023-644-9227 FAX 023-644-6850
COPYRIGHT(C)2011 山形県立山形職業能力開発専門校 ALL RIGHTS RESERVED.