山形県立 山形職業能力開発専門校 - 山形県山形市、「ものづくり山形」の源泉となる、ホンモノの技と心を持つ人材を育成する。

山形県立山形職業能力開発専門校

今日もぜっこう長!

TOP > 学校ブログ > 学校ブログアーカイブ

h270626.jpg

皆さん、上棟式という言葉を聞いたことがありますか?

上棟式とは、木造住宅の骨組みが完成したときに行われる式典で、建前(たてまえ)とも呼ばれるものです。

無事に骨組みが完成したことを祝ったり、家の繁栄や工事の無事をお祈りしたり、大工職人の方に感謝したりと、様々な意味があるそうです。

上棟式は、赤、青、黄色などの旗を、建築中の住宅に飾り立てて行います。

そして、感謝やお願いの儀式の中で「餅まき」を行うのが一般的です。

「餅まき」とは、一口大の紅白の餅や5円玉をたくさん準備し、それを建築中の住宅の上からばら撒きます。

ばら撒かれた餅は、捕った人や拾った人が持ち帰ることができます。

私が子供のときは、棟式の旗を見つけると勇んで駆けつけ、餅まきの瞬間を心待ちにしたものですが、最近は、上棟式に巡り合う機会が少なくなりましたね。

ところで、なぜ、本校で上棟式をしたかといいますと、本校の建設技術科の2年生が、実習の一環として2階建ての住宅建築に取り組んでおり、この住宅の骨組みが完成したからです。

餅まきもない簡略化された上棟式ですが、厳かに執り行われました。

建築中の住宅は、今、実習場の中にあります。骨組みが完成したので、これからの実習は、内装や仕上げの段階に徐々に移っていきます。

7月25日(土)には本校のオープンキャンパスが開かれますので、この機会に、若者が挑戦している木造住宅を、たくさんの方々からご覧いただきたいですね。

もしかすると、餅まきに出会えるかも。

2015/06/30

 

自動車整備士や建築大工を目指す若者に会えることを願って、今、県内の各高校にお邪魔しています。進路担当の先生、お付き合いをいただき、本当にありがとうございます。

さて、進路担当の先生に「当校をご存知ですか?」と問いかけますと「あまり知らないです」という先生が少なくありません。当校のPRがちょっと足りないのかなと、感じる瞬間です。

ということで、6月9日(火)、高校の進路担当の先生を対象に、当校の説明会を開催しました。 参加された先生は、3名の方です。少ない人数かもしれませんが、とても嬉しかったです。当校の概要や特徴を説明した後、実習の様子を視察していただきました。そして、当校の印象や意見をいただきましたので、ちょっとだけ紹介いたします。

A先生  すごくいい授業内容だ。説明会に初めて参加させていただき感動した。
B先生  専門学校を、是非、大々的にPRしてもよいのでは。
C先生  女性の職業選択の一つとして積極的なアピールがあれば、学校でも、どんどん声をかけていきたい。

参加された先生から、うれしい感想や励ましの言葉をいただきました。 次回の説明会は7月1日(水)です。また、オープンキャンパスは7月25日(土)に開催します。皆さんのお越しをお待ちしております。

2SchoolBrief.JPG

2015/06/09

山形市の松栄という地区にある「山形職業能力開発専門校」をご存知ですか?

今、この専門校で、自動車整備士や建築大工になることを夢見る若者達が、毎日、元気に楽しく学んでいます。

彼らの日々の様子や専門校のトピックスを、絶好調の校長が紹介します。 どうぞ、ご覧になってください。

1FirePrac.JPG
消防訓練をしました。(H27.5.8)

2015/06/09

山形県立山形職業能力開発専門校

〒990-2473 山形県山形市松栄二丁目2番1号 TEL 023-644-9227 FAX 023-644-6850
COPYRIGHT(C)2011 山形県立山形職業能力開発専門校 ALL RIGHTS RESERVED.