山形県立 山形職業能力開発専門校 - 山形県山形市、「ものづくり山形」の源泉となる、ホンモノの技と心を持つ人材を育成する。

山形県立山形職業能力開発専門校

今日もぜっこう長!

TOP > 学校ブログ > 学校ブログアーカイブ

 例年のことではありますが、この季節、建設技術科の諸君は、年明けの1月中旬に行なわれる建築大工の技能検定(実技試験)に向けて特訓に励んでいます。

 技能検定とは、技能の程度を一定基準によって検定するもので、技能の程度を公に証明する国家検定制度です。2年生は2級技能検定、1年生は3級技能検定に挑戦します。

 2年生、1年生ともに、これまでは、木造住宅の建築実習などを通じて技術を培ってきましたが、最近は、技能検定で出題される課題作品の製作に取り組むなど、検定本番を想定した内容に切り替えています。

 技能検定までに残された日々は少なくなってきましたが、本番では、それぞれが磨いてきた力を100%発揮できるよう願っているところです。

   IMG_20151217_135617ブログ用.jpg

          検定で出題される課題作品の製作練習に取り組む2年生

2015/12/17

 12月4日(金)から7日(月)までの4日間、千葉県の幕張メッセを主会場に技能五輪全国大会が開催されました。この大会に向けて、本校で練習に励んできた建築大工職種の選手のうち、3名の方が、本日、大会の結果報告にお見えになりました。

 来年の全国大会が山形県で開催されるということもあり、本県からは、過去最大となる約70名の選手団を送り込みました。その結果でありますが、洋裁職種での金賞獲得をはじめ、全職種トータルで18人の入賞を果たす大活躍を見せてくれたそうです。ただ、建築大工職種に限れば、健闘及ばず、入賞は惜しくも逃したということであります。

 選手達にとりまして、全国大会という大舞台で各地の精鋭達と技を競い合えたことは、入賞の有無にかかわらず、とても素晴らしい経験になったと思います。今回の大会を機に、建築業界の若きリーダーとして、さらに成長されることを願っております。 本当にご苦労さまでした。

          IMG_2160五輪全国ブログ.jpg

      全国の精鋭が作品製作に没頭しています(12月5日幕張メッセ)

2015/12/08

 12月4日(金)から技能五輪全国大会が千葉県で開催されますが、この大会の建築大工部門に出場される6人の選手の皆さんが、ご挨拶にいらっしゃいました。

 この6人は、県内の工務店等に勤務されている若手の職人さんで、全国大会での上位入賞を目指し、本校の一室で約3か月間にわたる合宿訓練に励んでこられました。厳しい訓練で培った技能や全国大会出場という貴重な経験は、選手の皆さんにとって、とても大きな財産になると思います。結果はどうあれ、最後まで全力で挑戦されることを願っているところです。

 建築大工部門には、この6名のほかに、長井市や米沢市からも参加されると聞いています。また、他の部門を合わせると70人という過去最大の山形県選手団になるとのことです。 

 来年は、いよいよ山形県で全国大会が開催されます。選手の皆さんの活躍を弾みにして、大いに盛り上げていきたいですね。選手の皆さん、どうぞ気をつけて行ってらっしゃい。

IMG_20151202_144424ブログぼかし.jpg

  連日の特訓で、たくましさを増した選手の皆さんです

2015/12/02

山形県立山形職業能力開発専門校

〒990-2473 山形県山形市松栄二丁目2番1号 TEL 023-644-9227 FAX 023-644-6850
COPYRIGHT(C)2011 山形県立山形職業能力開発専門校 ALL RIGHTS RESERVED.