山形県立 山形職業能力開発専門校 - 山形県山形市、「ものづくり山形」の源泉となる、ホンモノの技と心を持つ人材を育成する。

山形県立山形職業能力開発専門校

今日もぜっこう長!

TOP > 学校ブログ > 学校ブログアーカイブ

 平成30年5月25日(金)、山形職業能力開発専門校で、全クラス参加+職員チームによる球技大会が開催されました。種目は、午前中ソフトボール、午後からはバレーボールとバスケットボール。

 10試合近く試合に出た学生もあり、まあ、何とすばらしい気力と体力。勝ち上がるごとに、白熱した試合が増え、決勝戦は見ごたえ十分で、スポーツの意義と本校学生の高い評価の一端を見た思いでした。

 

IMG_7870.jpg

 5月23日(水)、実行委員長の自動車科2年菅井賀一(たかかず)さんから、球技大会の運営について説明があり、開会式でのあいさつ、閉会式での表彰及び講評の依頼がありました(菅井さんの隣は、担任の皆川先生)。

「球技大会の目的は?」に対する回答は、「今年度の本校の教科計画に基づくもので、クラス間の親睦、体力・健康の増進です」とのこと。

IMG_7880.jpg

 学生会館南側のグラウンドで、開会式が行われ、実行委員長が開会のあいさつ。早速、2グループに別れ、ソフトボールのリーグ戦が始まりました。

IMG_7894.jpg IMG_7904.jpg

 試合開始前、両チームが整列し、挨拶。職員チームの人数は対戦の学生チームの何と倍近く。職員チームは校長先発が慣例とのことばを鵜呑みにし、校長が先発。

 

6.jpg 5.jpg

 なお、この大会には、特別ルールがあり、女性及び55歳以上のシニアは出塁するとテイクワンベース。ヒットは即ち二塁打(フォァボールも同じ)。職員チームは適応者が6割超。3試合で自責点0のリリーフ投手、嘱託の井上敏之さんの活躍もあり、決勝戦へ。

 

4.jpg 7.jpg

 決勝戦は、建設技術科2年Aチームに5対4で惜敗。優勝チームは攻守ともによく鍛えられており、1/3回で5点得点。この時点で職員チームはピッチャー交代。その後、職員チームが1点差まで盛り返したという試合でした。井上さんが先発していれば、という人もあるかもしれませんが、いい按配の結果であったと思います。

 

昼食休憩の後、午後からは、産短大の体育館で、先ずはバレーボールのリーグ戦。

 

 IMG_7950.jpg IMG_7974.jpg

 ここでも特別ルールがあり、高校でのバレーボール経験者はバックアタックのみ可。女性及びシニアはどこからでもサーブ可。

 

10.jpg 12.jpg

 決勝戦は、自動車科2年Aチーム対自動車1年Bチームで、自動車2年Aチームが貫禄の優勝。

IMG_7943.jpg 11.jpg

 

 休む暇なく、続いてバスケットボール。職員チームは実行委員会に不参加要請(体力が持たない、又は怪我が心配)ということで、学生8チームによるトーナメント。

16.jpg 15.jpg

 バスケットボールは、経験者が実力を遺憾なく発揮。メンバーの力を上手く引き出したり、自分のプレーで魅せたりと、フェアプレーに徹する姿もさわやかでした。

14.jpg   18.jpg

 決勝戦は、建設技術科2年Aチーム対建設技術科1年Bチーム。これは、2年Aチームが余裕の勝利。準決勝の建設技術科2年Aチーム対自動車科2年Aチームの試合も1点差の緊迫したゲームでした。

 

応援する姿も御覧ください。

 13.jpg 17.jpg

 

それぞれの競技の最終成績は

ソフトボール 1位:建設技術科2年A、2位:職員、3位:建設技術科2年B

バレーボール 1位:自動車科2年A、2位:自動車科1年B、3位:自動車科2年B

バスケット 1位:建設技術科2年A、2位:建設技術科1年B、3位:自動車科2年B

IMG_8014.jpg IMG_8021.jpg IMG_8028.jpg

 1位のチームの表彰の様子です。

 

  大会は、大きな怪我をする学生も教職員もでず、和気あいあいと熱戦を繰り広げ、心地よい疲労感と、筋肉痛の予感とともに、笑顔で終了しました。

1.jpg 19.jpg

 実行委員の皆さん、大変お疲れ様でした。いい大会だったと評価します。

2018/05/30

 5月14日(月曜日)には、保護者会総会。翌日、5月15日(火曜日)には、協力会総会が開催されました。

 どちらも主な議案は、平成29年度の事業報告及び決算、平成30年度の事業計画及び予算についてでありまして、原案のとおり承認されたところです。

 保護者会では、役員改選で慎重審議(評議員会議に於いて)をいただくとともに、授業参観や学級懇談会を通して、お子さんに対する篤い思いを感じさせていただきました。協力会では、卒業生が活躍している様子の報告や、就職さらには、入校生の確保に関する協力の申し出等を頂きました。感謝・感謝です。

 いくら卒業生を求められても、入ってもらわないことには、送り出してやることができません。秋栄祭やオープンキャンパス等、話題性の高い催し物の開催などを通して、先ずは、本校に来ていただける機会を作ってまいりたいので、提案も含め御協力くださいますようお願いします。

2018/05/17

 平成30年5月11日(金)、前日の風雨がうそのように晴れ渡たったこの日、消防訓練を実施しました。

 消防署からは、武田消防士長さんをはじめ3名の方から御指導いただき、東北電化工業さん、東信工業さんからも御協力を頂きました。ありがとうございました。

 午前10時30分、訓練火災発生。学生は授業中。10時38分には、学生、教職員ともに全員無事避難を完了しました。

IMG_7636.jpg

 

 このあと、武田消防士長さんから身振り手振りを入れた講評をいただきました。

IMG_7653.jpg IMG_7648.jpg

 「火災が疑われ、現場を確認しに行くときは、消火器を複数本持っていくほうがいい」、「施設備え付けの消火栓による放水(水圧が強く、手を離すと危険)においては、3人1組で、放水の開始と終了を確認しながら行うことが肝要」等のアドバイスを講評の後でいただきました。

 次に、放水訓練を実施。消火器の使い方の説明。「火事だ!!」の火事ぶれ。そして消火器による放水。

IMG_7675.jpg IMG_7687.jpg IMG_7690.jpg  

 続いて、消火栓を使っての放水訓練も実施しました(危険のないよう消防士さんが補助してくれています)。

 IMG_7728.jpg

 火災は起こさない予防消防が一番大事です。でも、災害はいくら防ごうとしてもいつ起きるとも限りません。起きた場合、最初に何をして次に何をするのかを一人ひとりが理解をし、そのとおりにできるようにしておくことも大切です。

2018/05/15

 自動車科1年生の実習風景です。先ずは、工具を手にとって、理論を実証する模型自動車や電気回路の点検用テスターの製作等をとおして、車の成り立ちを実感していきます。まだ1ヶ月も経っていないのですが、様になっていると思いませんか。

IMG_7521.jpg IMG_7514.jpg

 

 真剣に教員と議論したり、仲間で話し合ったりしながら、どんどん理解は深まっていきます。

IMG_7516.jpg IMG_7517.jpg

 

 今後の成長が楽しみです。

2018/05/07

 入学して、早、一ヶ月がたとうとしています。だいぶ慣れてきた、そして、気合の入った実習風景を御覧ください。始めに全体での説明。自分でやってみて、わからないところは、丁寧な個人指導が受けられます

IMG_7493.jpg IMG_7496.jpg IMG_7487.jpg

 

 教員、2年生との対面式も行われました。少し緊張もしたのでしょうか。

IMG_7346.jpg

 

昼休みの時間を利用して、クラスみんなで、花見も楽しんでいます。

P1010094.jpg P1010105.jpg

2018/05/02

 自動車科2年の実習も始まっています。例年そうなのですが、この時期、今年の秋栄祭の呼び物が何かはまだ決まっていません。昨年は、走るUFOとオリジナルカートとホバークラフトでした。

IMG_2082.jpg IMG_2069.jpg IMG_2072.jpg

 求人は昨年度を上回るペースでどんどん入ってきており、内定者も次々と出ています。そんな状況の中で、学生たちは、気を引き締めて来年卒業後の就職に向け、授業や実習に集中して真剣に取り組んでいます。

IMG_7531.jpg IMG_7524.jpg IMG_7528.jpg

 今年の秋栄祭には、車の未来に関わるものが良いのでは、なんて勝手ながら思っています。例えば、燃料電池自動車や自動運転、作るのは無理でも何かできたらいいですね。

2018/05/02

山形県立山形職業能力開発専門校

〒990-2473 山形県山形市松栄二丁目2番1号 TEL 023-644-9227 FAX 023-644-6850
COPYRIGHT(C)2011 山形県立山形職業能力開発専門校 ALL RIGHTS RESERVED.